愛でした

よろこびもいたみも

物語はぼくらでつくろう

 

 

宇宙Sixの話をします。いつもしてるんだけど今回もします。しかもたぶんすごいだらだらとはなすとおもう。

 

 

もうこの後の公演に入る予定がないのでまずわたしが観た亀梨くんのバック宇宙さんの話なんですけど、なんっかもうこの世界観をつくれる演出っていう立場にいる江田くんまじで楽しそうすぎない!?!?っておもって。めっちゃ亀梨くん。超亀梨。みたいな、そんな世界観。ここまで亀梨くんのための亀梨くんにしか作れない世界観を一緒につくれるのは相当楽しかっただろうなー、って。言っても先輩のステージの演出だし単純に楽しいだけでは絶対なかっただろうけど、これをやらせてもらえたのはプラスにしかならないんじゃないかなーと、おもいました。

 

そして6人でのバク転が見れるとは思わず~できないんじゃなくてやらないだけです!って言いながら声が震えてたいつぞやの林くんは(わたしがみたときは)やっぱりちょっとぐにゃっとしちゃう着地だったけどそれでも「6人でバク転」を取り入れてくれたのは嬉しかったです。

 

あといつの間にかリーダーがこたになってた。これはステナビで確定も出たけど、わたし湾岸が発表された日に入ってて、お知らせを亀梨くんに振ってもらってまわりがリーダーから!ってはやしたてるなか一歩前に出てきたのがこただった。なんだろう、わたしが勝手にそう思ってただけ、なんだっけ?勝手になのかどっかでそう聞いたのかそう聞こえただけなのかわかんないけどとにかく、宇宙Sixのリーダーは江田くんだとおもっていて、はて???みたいになって。江田くんはいつリーダーを解かれてこたが就任したんだろう??って。その後の湾岸の発表でそれどころではなくなってしまったけど、でもよくよく考えたら適任なのかなーと。いろんなことを加味して考えたらこたになるのかな。いまはそうおもいます。

 

あとさあ、アンコールでみんなでツアーTシャツ着てでてくるじゃん?そのときのシルエットがひとりだけめっちゃ女子じゃない?江田くんのあのシルエットには割と慣れてたつもりなんだけど3人が6人になって単純に比較対象が増えたのと、クリエで最近がんばってるっていうの聞いてたせいもあるかな、なんか、うん、相変わらず脂のってて安心したよわたし…みたいな。とにかくこのツアーでおもったことは今までがっつりお仕事をしたことがない先輩とこうやって密にやらせてもらえるのって大事だし貴重だなあと。まずは名前を知ってもらうこと。顔を知ってもらうこと。ポテンシャルを知ってもらうこと。このツアーで宇宙Sixを知ったひとにまた観たいとおもってもらえたら大成功だなあとおもいました。

 

 

 

そしてステナビの話をしておきたい。知れてよかったこと、が多かったのは嬉しかったかなー。紙面で知れたのがよかった。直接聞きたかった派もいるんだろうなあとは思うけど、たとえばクリエで同じはなしを聞かされてうまくリアクションとってあげられたかなっておもうから、クリエでは「くじで決めたんだよっ」っていってくれたのがわたしのなかでは正解だったなあとおもう。わたしは、今までのオタク人生で減っていくのは何度もみてきたけど、増えていく過程はあまり知らなくて(They武道宇宙Sixになったわけではないけど、They武道ありきで宇宙Sixがうまれたって解釈してるから、増えるっていう言い方はちがうのかもしれないけどほかに適切な言い回しがみつからないので許してほしい)、6人それぞれに葛藤があったなかでいまこうして6人でいることをいちばん大事にしたいなとおもうんですよね。メリットもデメリットもあるだろうし、いろんな可能性とか、諦めなきゃいけないこととか、きっとたくさんたくさん考えて、その結果望んでこのかたちになったとおもうから。グループとしてはまだまだこれからだから、臆することなく6人でなんにでも挑戦するグループでいてほしい。

 

わたしが宇宙Sixの今後を考えるなかでいちばん怖いのは、下のふたりが恐縮してしまうこと、なんですよね。クリエだったり、いまの関係性をみてたら大丈夫だろうと思ってはいるけど、それでもやっぱりめめとよしたかにはいちばんのびのびやってほしいなとおもっています。なかなか聞き入れてもらえないこともうまくいかないこともあるかもしれないけど、どんどん自分たちのやりたいことを発信していってほしい。簡単じゃないとはおもうけど。だって絶対こわいもん~わたしだったら絶対こわい、おなじグループにりょうちゃんとか江田くんとかいるの。こんなにちっちゃいくせに…って絶対おもうだろうな。だけどわたしはグループのなかでぶつかれる人たちだからこそ信頼している部分もあるので気兼ねなくぶつかっていってほしいなとおもうばかりです。

 

やっぱり6人それぞれ歴史があるし、いきなり6人でやりますって言われたってそんなの簡単にそっかーがんばれ!って言うにはThey武道との、幸大(M.A.D)との、はらめぐとの、思い出がこっちにだってありすぎるし、でも受け入れたい気持ちがないわけじゃないから。寂しさとか不安とかきっとまだまだあるけど、そういうの全部抱えたままこれからどんどん6人での、6人との思い出をつくっていけたらいいなあとおもいます。そしたらいつかそれぞれのファンが心からこの6人でよかったなって、宇宙Sixが好きだって言える日がくるのかなって、そうおもいます。だから6人で笑っててほしい。こんなに楽しそうならついていきたいっておもわせるようなグループになってほしい。それがいまの願いです。これから湾岸LIVEもあるしジャニーズJr.dexの出演も決まったし、林くん、りょうちゃん、めめは舞台も決まってるし、宇宙Sixの活躍の場がもっともっとひろがっていきますように。

 

 

いまは湾岸LIVEが純粋にたのしみですっ!!

 

前方だけみてすすめばいいさ

 

山本亮太・目黒蓮W主演

「桃山ビート・トライブ」公演決定おめでとうございます!!!

 

前回辰巳くんの主演舞台おめでとう記事を更新したばっかりなのにこんなに間隔をあけずにまた主演舞台おめでとうっていう記事が書けるとおもってなかった~うれしい~~しかもおめでとうって言えるのがりょうちゃんとめめだなんて。はーうれしい~~~

 

そしてそしてとみけんちゃんも出演決定おめでとうございます!!りょうちゃんとめめに抱いてる不安要素(主に頭脳的な意味で)がなんかとみけんちゃんがいるっていうだけで一気に安心感。佐野くんも一緒だしとにかく2人には思いっきり楽しんでほしいなあとおもいます。

 

6人で嵐のバックにつくことがほぼ決定事項だと思っていたのは正直あって、どうなるのかな??っていうのはあります。日程がかぶってる日だけ4人ででるのか今回はずっと4人なのかはたまた今年はつかないのか・・・やっぱりファン心理としては6人での活動がみたいとはおもうし、それをきっと本人たちもわかってるからThey武道は「おまたせ」って言ったし。でも個人の仕事があるのってぜんぜん悪いことじゃなくて、グループでバックの仕事をするより1人でも2人でもそこから抜けてメインのお仕事をするほうがこの先のことを考えてもそっちのほうがぜったいいいことだと思う。まだどうなるかわからないけど、とにかくりょうちゃんとめめは全力でやりきってくれたらそれでいいです。きっとそういう頑張りかたしかできない2人だから心配なんてしてないけど。それでいい。

 

 

こうやってどんどん、個人としてもグループとしてもお仕事が舞い込んでくるようなそんなグループになったらいいな。いま、少しずつお仕事の幅をひろげていってる宇宙Sixがもっともっといろんな場所で認めてもらえて、必要だって思ってもらえるようになったらいい。

りょうちゃんとめめのW主演、楽しみにしてます!!!

 

 

 

最後に、9月25日。

みんなのアイドル原ちゃん、お誕生日おめでとうー!!

 

 

タシカシメタケドカギシメタカナ

 

辰巳雄大主演

「ぼくの友達」

決定おめでとうございます!!!!

 

ちょっとこれはすごく嬉しすぎません??

辰巳雄大 主演

主演 辰巳雄大

まあどっちだっていいんだけどどっちにしてもちょっとかっこいいがすぎない??

 

GACHIについての記事をずっと書きたいと思っていて、でも手が付けられないでいた時にこんなのがでてきたらこっちの話からかいちゃう~~~

 

 

辰巳くんってわたしの中では

「器用そうにみえて実はすごく不器用なひと」っていう認識なんですね。

それによっていい意味でも悪い意味でも誤解されるところとか、そういうのがきっと誰よりもあるひとだと思っていて。ふぉ~ゆ~のなかで。

 

ちょっと考えすぎちゃうというか、気にしいってネタのように言われるだけあってそれが邪魔してないかな?って思っちゃうところもあって。

本人も自覚してる挨拶がながいっていうのも、辰巳くんの挨拶芸はじまった~~って、もうネタ化してる雰囲気あるし、それをわかってくれてる人が多いから成り立ってるというか、見どころのひとつ的な、ないと寂しいみたいになってるけど言いたいことを伝えるのがへただよなあっていまだに思うことがあります。

伝わるけどね。伝わるけど伝えるのはへただなあって。

松崎くんはまたちょっと(次元が)違うけど、他のふたりがすぐふざけるくせに重要なポイントはちゃんとおさえてるようなひとたちだから余計にそう思っちゃうところもあるし、でもそこが辰巳くんのいいところだって言えばそれはもちろんそうなんだけど。

 

だからそんな辰巳くんがさ、主演張れるまでになったんだなあって。

ひとりで座長として出しても大丈夫ってたくさんのひとに思ってもらえてるんだなあって、なんかそれってすごいことだなあっておもって。

 

オタクがどれだけ外から見て評価をして声をあげても、無意味とは言わないけど中には届かない声のほうが圧倒的に多くて、そんな環境の中でここに立たせてもらえる辰巳くんかっこいいなあって。

 

いちばんとかにばんとか、上とか下とかないけど、辰巳くんってほんとに誰よりもふぉ~ゆ~のこと好きなんですよ。

いや実際は知らないけど。

知らないけどわたしの主観でそうだと思ってるからそういう体ではなすけど。

ふぉ~ゆ~はみんなふぉ~ゆ~のことすきだけど、辰巳くんってね、メンバーのこと大好きで尊敬もしていて、だからこそ自分の得意分野ではぜったい負けたくなくてパイオニアでいたいとおもってるのがすごく表に出るひとなんですね。

その最たるものがわたしはやっぱりお芝居だと思ってるんですけど。

もちろんお芝居って勝ち負けとかないし、受け手によっても違うものだから比べようもないものだけど、ダンスとか、お笑いとか、そういうところは他のメンバーに任せてもお芝居に関してはふぉ~ゆ~のなかではたぶん誰よりも真摯に向き合いたいと思っているひと。が、辰巳くんなんだろうなって。

それはGACHIをみてておもったことでもあるけど。

 

だからそんな辰巳くんが、このタイミングで単独で主演舞台をやらせてもらえることって、すごいことだなとおもって。

グループでの主演が続いていたこのタイミングで他の誰でもなくて辰巳くんが、やらせてもらえるっていうことが辰巳くんにとっても、ふぉ~ゆ~にとっても大きいことだなって。

 

 

きっと学ぶこととかこれからの糧になることがいっぱいある。

この経験を通して、またたくさん辰巳くんなりの自分の武器を手にしてほしいなと思います。

 

辰巳雄大主演、「ぼくの友達」

まだ先だけどいまからすごく楽しみにしてます!!

 

 

 

 

ところでかいてておもったけどわたしも大概ひとのこと言えない程度にはなしはじめると長い割に伝えるのがへただなあ、、、

 

 

 

 

どんなときももう迷わない

 

 

宇宙Sixさんの亀梨くんソロツアーのバック出演がきまりました。

 

 

 

べつに最近きまったわけじゃなくてもっと前からきまってたんだろうし、なんならこっちとしてもすごい匂わせてくれてたおかげでだいたいわかってはいたけど、やっといえるー!宇宙Sixおめでとー!!!って、ただそれだけでおわらないのがほんといい意味で裏切られてるなって!!!

 

 

演出・振付:江田剛宇宙Six

 

 

もうさあ、字面のかっこよさがえぐくない?

さすがにそこまではきいてないんだけど??

ちょっと順を追っていちから経緯をはなしてごらん???

 

ていう、なんかほんともう江田くんとは一度膝をつきあわせてしゃべりたい感じ。

だって、だってさあ、亀梨くんのソロツアーだよ?演出っていう項目に江田剛って名前が出てくるの意味がわからなくないです?嬉しいとかかっこいいとかそういうのとびこえちゃっててなんていうか困惑…いやすーぱー嬉しいしはいぱーかっこいいと思ってるけど。

 

 

今回の亀梨くんのソロツアーに携わることについてほんとにすべて話してほしい。なにがありきでこうなったのかとか、どこからの話でどうきまっていったのかとかぜんぶ聞きたい。要はだれに菓子折もってけばいいですかってはなし。

 

まだツアーはこれからだし、なんならわたしはまだパンフすらよんでないしこれからいろいろ解明されていくことを願います~

 

 

こんな嬉しいがまってるとはさすがに思わなくて準備ができてなかったけど、せっかくの今回の機会。宇宙Sixとしても江田くんとしてもさらにのぼっていけるような経験がたくさんできますように!亀梨くんお世話になります。

 

 

あ、あと、なんかの雑誌でうちくんが言ってたりょうちゃんがバックにつきたいって言ってたはなしはその後どうなったかどこかで教えてくれると助かりますってうちくんに伝えたい。

 

 

 

きみが望んでるあしたへ

 

 

宇宙Six単独公演は、可能性しか感じない時間でした

 

 

わたしは、They武道としての2014年の初単独には入っていなくて、なにがあっても入ればよかったって今となっては思うけど、当時はそういう状況ではなかったのでもうこればっかりはしょうがないとしか言えないんだけれども、まあだから聞いた話、しかできないけど、もう1年目はさ、会場に入ったその瞬間からあ、They武道って天才だな、ってたぶん誰もが思ったとおもうんですよ。だって入ってない私ですらそうだったから。ずっとやりたいと望んでいた単独公演、紆余曲折を経て迎えたその日をあの一通の手紙からはじめたこと。

丁寧に書こうって、想いがつたわるように書こうって、そういうの全部つたわるような字で、感謝も決意もすべてを織り込んだ内容で、ああやって形に残るものとしてあの手紙をくれたのは、きっと会場に入れないひとにも想いが届くようにって、そういう意味合いもあったんじゃないかって入れなかったわたしは勝手に思ってます。

They武道だけじゃない、いろんなグループがクリエで「初単独公演」というステージを踏んできたと思うけど、違う角度から切り込んでこられたこのサプライズはさすがとしか言いようがなかった。

すごいおたくの心わしづかみにしてくるじゃん!?って。

 

そこからの2年目、3年目。

媚びすぎず、でもみたいと思ってるものをみせてくれる、こういうのみたいんでしょはいはい、だけで終わらせることもなく、自分たちのやりたいことと見せたいものをちゃんと示してくれるバランスのよさは天下一品だった。

クルトンなんてそんなのどっからみつけて出してきた!?って声にならない声で叫んだ。わたしが。2年目で振付講座をやったGUTS!を3年目でも合同でも同じ振りでやってくれること。ずっとほしかった、ないならつくっちゃえっていうオリジナル曲。何度だっていいたい、どこを切り取ったってまじでただの天才の所業だった。

 

 

They武道って隙がないな、というのがわたしが持っていた一番の感想だったと思う。

かわいい曲は最高にかわいくみせることが出来るし、と思ったらしっかりアクロバット入れてきたり、歌だってめちゃくちゃうまくて、かっこいいの表現も100%できる。

かわいいとかっこいいを、見たいと見せたいを、きちんとテーマを設けて、絶妙なバランスで完璧に作りこんでくるのがThey武道のクリエだったんですよ。They武道のことすきでよかった!幸せ!!って、そう思うしかないものを毎年提供してくれていました。来年はどんな構成になるのかな、あの曲がきけたらいいな、ソロは誰のなにうたうかな、2016年の単独がおわってからそんなことばっかり考えて。

 

 

そんな中、They武道としてのクリエはもう見ることができないと知ることになるのが11月でした。

 

きっとほとんどのひとが、They武道と幸大は遅かれ早かれくっつくんじゃないかって思ってた。それはThey武道に幸大が吸収されるのか、まったく別のグループになるのか、考えてはいたけどなかなか口には出せないままの時間がしばらく流れていたころで。でも蓋を開けてみたら、出てきたのは宇宙Sixという6人のグループでした。

わたしは、They武道も幸大も、いろんなものを手放して、なくして、たくさん傷付きながら、それでも大事なものだけは守っていけるようにって、そうやって生きてきた人たちだと思っていて。そんな4人が選んだ道が宇宙Sixなんだなって思って。守りたいものを、守りたい場所を考えてした選択なんだろうなって思って。

They武道は、They武道をすきなこの気持ちは、どうしたらいいんだろうって思わなかったわけじゃない。きっと6人になっても、3人の絆をみつけたら嬉しくて、3人で歩いてきた軌跡がみえたら嬉しくて。だけどそれでも、それ以上に、They武道を手放す覚悟をした3人を、宇宙Sixを受け入れた3人を応援したいと思った。

あの時は先のことなんて全然みえなかったけど、でも3人のことだけは見失わずにいようって、そうしたら自然とわたしのなかにも答えがみつかるんじゃないかって、そんな気持ちで迎えたクリエでの公演でした。

 

 

今年はMADEとの合同からのスタート。

もうさあ!なんなの!?って。死ぬほどたのしいんだけど!なんなの!?!?って。だってショックデビルって!!さてはやっぱりおまえらただの天才だな!?ってなるじゃん。正義の味方とか瞳をとじてとかもうさあ!!って。

ほんとにただただ楽しくて、楽しそうで、あんまりグループの垣根を意識しなかったぶん、いい意味で宇宙Sixにフラットに入り込んでいくことができたんだと思う。準備期間をもらったような感じだった。

でもきっとそれは宇宙Sixにとってもそうだったんじゃないかなとも思いました。あの合同公演があったことで、単独公演を気負いすぎることなく迎えられたんじゃないかなって。

 

 

そしてはじまった単独公演。

 

特に話したい曲のことだけ話すけど、まず1曲目のAsterisk。ああそうだね、って、これだね、っていう曲からはじまって。宇宙Sixっていうグループのはじめての単独の1曲目にもってこられたのがAsteriskって、すごく無難にはみえるけど、「はじめまして宇宙Sixです!!」感が如実に表されていてとてもよかったとおもいます。

ロマンチックタイムからのまいったネ今夜。ロマンチックの案を出したのが嘉孝だってきいたとき、原、おまえもか。っておもった。ほんと天才しかいなくて嫌になる。ロマンチックで江田くんとめめさんが組んでたのとか、まいったネの後半がThey3人になるのとか、もうこんなのは完全に仕組まれていて、息つく暇もないってこういうことだって、そんなどうでもいいこと考えてた。

Hair。これは、これこそ、6人だからやろうっておもって、6人だからできた曲なんだろうな、と。3人じゃきっとできなかった。あとはもうただただ単純に、かっこよくてずるい。歌割も振付もぜんぶがずるい。 

ひとりひとりの顔がよくみえるようにって、わざと座ったままのハイタッチタイムにしたHo!サマー。これも今回の単独には必要な時間だったんじゃないかなあとおもいました。もちろん知ってはいるけど、この6人で宇宙Sixですよーっていう、改めての刷り込みの時間、みたいな。

アイアイ傘→抱いてセニョリータ→Crazy Accel。しっかりと歌声で聴かせる林松本ペア、向かい合って歌ってからの背中合わせ(しかもお立ち台でスタンドマイク)という演出に力が入ってる江田目黒ペア、踊る!踊る!とにかく踊る!っていうダンスで魅せる山本原ペア。しっかり色分けされててみててきいてて心地よかったのがこの3曲でした。

愛想曲。ここで和装ででてきて殺陣をもってくるっていうのがもうさあ。多才さを隠しきれてないじゃん。いっそ嫌味なくらい多才。こんなのおたくすごいすきなやつじゃん嫌いなひといないじゃん…って。もうため息。

ラストのEndless Summer。本編の最後がこれなのほんとに楽しくてすごいすきだった。これをここにもってこれる宇宙Sixすごいすきだとおもった。なんかばかみたいなことしか言えないけどほんとにもうすきが詰まってた。

そしてアンコールYes?No?はお馴染みりょうちゃんのてぇあげろーーーー!!!!!!さいごに、ぼくたちの名前を一緒によんでください!はよくあるやつだけど、やっぱり変わらずりょうちゃんが、みんなは宇宙Sixのもの、宇宙Sixは\みんなのものー!!!/を言わせてくれるんですよ。

 

ほんとに、幸せだった。もうそれに尽きるんだけど、宇宙Six最高じゃん!って。こんなに嬉しいものばっかりみせられて、なんでこんなにわかってくれるのって、なんでこんなに優しいのって、公演終わりの感想がそれだった。一曲一曲が、組み込まれたすべてが宇宙Sixとしての未来をみせてくれたし、これまでにとらわれない、これからを感じることができたんですよね。

だから、あ、宇宙Six大丈夫だ、って、なーんだ、可能性しかないじゃん、っておもって。すごくすごく安心した。これからももっと、どんどんすきになれる気しかしなくてすごく嬉しくなった。

そんな今年のクリエでした。

 

 

わたしは、基本的には本人たちが笑っててくれればそれでよくて。They武道でも、宇宙Sixでも、望んでそこに立っているひとでいてほしくて。They武道でできなかったことが、宇宙Sixでできるようになったらいいなあとおもうんです。ここは今まではできなかったところだけど、これからならできるんじゃないか、とか、そういう考えが増えてくれたらいいなあって。

 

素直に、これからもついていきたいと思わせるステージをつくってくれたこと、これまでの感謝も、この先の未来も、ぜんぶを詰め込んでくれたこと、楽しかった!幸せ!!っておもわせてくれたこと、何度いっても足りないくらいだけど、ありがとうといいたいです。

 

 

宇宙Sixの歩いていく道が幸せで溢れますように。